仕事も、私生活も、なんだかうまくいかない不器用アラフォー独身女が、絶対幸せになる!と懸命にがんばっている、哀しくも楽しい日常の記録です。

  めるもっちの、もう負け犬とは呼ばせないのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ひとりごと > 本当に嬉しいニュースだったのか  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に嬉しいニュースだったのか

2009 - 07/16 [Thu] - 00:50

彼に作詞した楽曲がメジャー発売するとメールで知らせたところ、

「表現は物が残ってたり、人の気持ちの中に残ったりして
芸術なんてたいそうなものじゃなくても、
なんでも同じだなあと感じました」

という感想が返って来ました。
彼は、いつも物事を的確に表現してくれます。

そして
「めるもっちさんにとっては、どんな風に嬉しいのかな。
苦労の成果だったり、認められた思いだったりするのかな」

とも、書いていありました。
私は、ものすごく動揺しました。
というのも、「嬉しいニュース」というには、
あまりにも複雑な思いが私の中にあったからです。
涙が出てとまりませんでした。

昨日、ちょうど作曲家から違う用事で
電話があって28年もの付き合いがあるせいもありますが
彼はものすごく高圧的な話し方をするのです。
その声を聞いたとたん「文章を書く」ことにすごくトラウマがあることを
強く思い出したのです。
と、同時にトラウマは彼に対してもあったんだなと
改め思いました。
今となっては二重にトラウマがあったように思います。


私はコピーライターという職業の傍ら作詞を副業にしていましたが
どちらも、たいした才能がなく、結局途中で挫折してしまいました。

「作詞」はいつも、同じ作曲家と一緒に作業していましたが
彼はとても厳しかったけれども、作詞のイロハを教えてくれたし
音楽家としても、人間としても尊敬していました。
彼の営業のお陰で私は何をしなくてもメジャーCDデビューできる運びになったのです。
はじめは、それで良くて、私ものびのび書けていたのですが
何曲かヒットチャートにのるようになってきて、
私に求めるものもだんだん変わってきました
もともと高圧的にものを言う人であったけれど
最近はひどくて、彼と話すときはいつもびくびくいて
話さなきゃならなくなりました。
何かこちらに落ち度があるんじゃないかと
ものすごく被害者意識が強くなりました。
だから、作曲家の彼から電話があると
いつもびくびくして電話に出るようになってしまったのです。
でも、彼には悪気はないのです。
彼なりにベストなものを作り上げたかったわけで・・・

もちろん職業作詞家なので、キャッチーなフレーズが必要で
わかるんですけど、たぶん私にその才能がなくて
言い訳ですが、コピーライターの仕事も忙しくて
フレーズが全く出てこなくなり・・・・
というか、私的にはめいいっぱい書いていたのだけど
どうしてもオッケーが出なくて苦しくて
感受性がものすごく鈍くなったような気がして
体力、気力がなくなって東京から大阪へ帰ってきた時、
もう、終わったな・・・・・と思った瞬間がありました。

それは小学生の頃から歌詞を書き溜め、
ずっと作詞を続けていた私にとってはとても辛い出来事でした。
かといって、優秀な作詞家になるために、すごく勉強したわけでなく、
そのことをすごく後悔しました。

結局、才能がなかったのだ、と思いました。
過去に楽しく作詞できたのは、しょせん、素人の趣味なのだと。
それに、今度発売される曲も私が全部書いて納得したわけじゃなく
今までのヒット曲も作曲家の彼がいなかったら完成しなかったものが多く
私って、結局作曲家の彼がいなかったら何もできなかったのだと強く感じました。

考え方としては、誰もがオリコンの10位以内に入れるわけじゃない。
たった数曲でも、そんな偉業を達成できたからいいじゃないか、
と考えることもできます。
たぶん、ほとんどの人はそういって慰めてくれるでしょう。

だけど、自分の中では私そのもののに、ピリオドが打たれる感じ。
アイデンティティが無くなって空虚な思いだけが残りました。

そういったことが、作曲家の彼の声を聞いたとたん
走馬灯のように思いだされました。
かなりナーバスな気持ちになっていました。

そして、今日、例の楽曲が発売されることになって
私は単純に嬉しかったわけじゃないけど
日の目をみないよりは、と気持ちをつくろってしまったのです。
ここ数年、とくにそんな風に気持ちをつくろって生きて気がします。

そんな時に彼は、私の気持ちを見透かしたように
「嬉しい気持ち」について尋ねてきました。
彼は少なからず、私が「作詞家」だったことに
トラウマがあることを知っていたかもしれませんが、必ず物事の本質を尋ねてきます。
すごく、とまどいますが、いつも最後には、私の心にかくされたトラウマに出会うのです。

それは、はじめは辛い作業でしたが、
それは、実は私にとって必要な作業でもありました。

つくろうのではなく、その過去をどのように整理して
どのように未来を築いていくか。
いつまでも立ち止まっていては生きていけませんから。

私は彼の「どのような嬉しい気持ちだったか」の問いには
正直に、今、動揺して答えられないから後日話します。と答えました。
それに、今夜は彼の知り合いの訃報があったとかで
彼もかなり憔悴した様子でした。
にもかかわらず、私とのやりとりは常に冷静で
やわらかい物腰で表現してきました。
それは優しさなのか、冷静だからなのかは、判断つきません。

でも、過去にいくつか同じような出来事がありましたが
いつも私の心の闇にライトを灯して道を指し示してくれました。

今回もそうなのでしょうか。
ゆっくり「嬉しい気持ち」について考えてみたいと思います。

とここまでは、昨日書いたものです。
ここからは、今朝書きました。

いつも早起きの私はいつも先に
彼に毎日「いってらしゃい」メールを打つのですが、
今朝はどうしたらいいのか悩んでいました。
彼もひどく、昨日は憔悴してましたし、
私も文面に「動揺」という文字を使ってましたから。

悩んでいると、いつも「朝はしんどい」とか、「疲れた」とかの彼から
今朝はめっちゃ早く起きたので、と
眠いけど、がんばってくる~、と
すごく明るいメールが届きました。

おそらく、ほとんど寝てないのだと思います。
でも私の気持ちを察して、先にメールをくれたのだと思いました。

これはきっと彼の「優しさ」なんだなと思いました。
もはや、私にとって黄色信号を通り越して
かけがえのないものへ変化してるのかもしれません。





作詞や文章づくりにいろいろ複雑な想いもあったのかもしれないけど、
私はめるもっちは優秀なコピーライターだったと思ってるよ♪
だからいつも転職するときにもったいないなぁって思っちゃうんだよね・・。
それにしても、めるもっちの繊細な心を感じ取ってくれる彼ってスゴいね☆
彼との時間をゆっくり大切に育てていってね~。

ありがとう。タルもなちゃんは、いつも私のコピーを好きだと言ってくれるね。すごく嬉しいです。
彼のメールについては私の想像なんで、真意はわからないけど、
単純に早く起きたからメール送ろうと思っただけかもしれないw
でもわりかし、時々敏感なところ、あるように思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://win1999.blog100.fc2.com/tb.php/185-85cc569e

 | HOME | 

プロフィール

めるもっち

Author:めるもっち
めるもっちの世界へようこそ。
山あり谷ありの人生ですが、楽しく生きようをテーマに毎日がんばっています。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

フリーエリア

ページランク

フリーエリア

リンク

yahoo

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。