仕事も、私生活も、なんだかうまくいかない不器用アラフォー独身女が、絶対幸せになる!と懸命にがんばっている、哀しくも楽しい日常の記録です。

  めるもっちの、もう負け犬とは呼ばせないのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 音楽 > クラシック大好き!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシック大好き!

2009 - 03/01 [Sun] - 15:45

先日、FM NHKの公開録音を聞きに、大阪 NHKホールに行きました。
番組名は「クラシック大好き!N響メンバーと新進演奏家の出会い」です。

N響からのトップ奏者3人と
第77回日本音楽コンクールで優勝した5名の奏者による
室内楽演奏でした。

1曲目は
●シューベルト/弦楽三重奏曲 第1番 変ロ長調 D471
  N響からのトップ奏者3人による演奏です。
  さすが、N響のメンバー。
  幅のある音質で、見事なハーモニーです。

  ホールではフルオーケストラの演奏しか聞いたことがなく
  室内楽は始めての体験でした。
  
  かなり前の席だったので、ハーモニーはさることながら
  それぞれの楽器単体の音もよく聞こえ、
  その美しい音色にすっかり酔いしれてしまいました。

  曲もシューベルトらしく、軽快に刻まれたテンポのもと、
  チャーミングな旋律が運びよく、
  心地よくホール全体を包んでいました。

  私はこの曲が一番好きでした。

2曲目は
●ブラームス/ホルン三重奏
  こちらは、N響のチェロと
  新進音楽家のホルンとピアノ奏者による三重奏。
  ホルンは普段、どちらかというかというと
  メインになりにくい楽器のように思っていたのですが、
   ホルンの音色、旋律の美しさを存分に味わえた一曲でした。

3曲目は
●ドボルザーク/ピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調 op.87
   ドボルザークといえば「新世界から」が一般的に知られていますが
  この曲は時に幻想的な雰囲気を漂わせたり、
  時にはオリエンタルな旋律が聞き所だったりして、 
  最後は快速テンポで爽快なクライマックスで締めくくられました。 
  バレエに振り付けしたら素敵なんじゃないかなと
  感動の嵐でした。 

N響のベテランメンバーと新進音楽家による演奏会というのは
とても珍しいことのようで、これから活躍するであろう、
N響のメンバーはフレッシュな演奏家との演奏を
楽しんでいたようでした。

一方、新進音楽家は練習を含め、とても勉強になったようでした。

普段、クラシックのコンサートでは、
あまり演奏される作曲者や曲の内容を
解説されることがないですが、
この演奏会はラジオの公開録音ということで
司会者による、細部にわたる解説がわかりやすく、
始めて聞く曲ばかりでしたが、とても楽しむことができました。


めるもっちの「今日の素敵な出来事」でした。

私はクラシックのことは詳しくないけど、とてもステキな時間が過ごせたようでよかったね。わたしも、ステキな時間を作っていきたいと思います。

こっこさんへ

うん、私も特にクラシック詳しいわけじゃないけど

とても素敵な時間を過ごせたわ。

今度、また機会があればクラシックコンサートでも

行こうよ。魂が現れる感じ(おおげさかな?)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://win1999.blog100.fc2.com/tb.php/20-ff516ded

 | HOME | 

プロフィール

めるもっち

Author:めるもっち
めるもっちの世界へようこそ。
山あり谷ありの人生ですが、楽しく生きようをテーマに毎日がんばっています。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

フリーエリア

ページランク

フリーエリア

リンク

yahoo

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。