仕事も、私生活も、なんだかうまくいかない不器用アラフォー独身女が、絶対幸せになる!と懸命にがんばっている、哀しくも楽しい日常の記録です。

  めるもっちの、もう負け犬とは呼ばせないのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 音楽 > 本物が放つ美しさは、人の心を浄化する力を持つ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物が放つ美しさは、人の心を浄化する力を持つ

2009 - 10/14 [Wed] - 02:12

NHKBS2で放送される「あなたの街で夢コンサート」という
番組の公開録画にでかけました。

司会はNHKアナウンサーの首藤奈知子と渡辺徹。

この番組は、スペシャルゲストとオーケストラのコラボ、
さらに地元アマチュア音楽家も憧れのステージに立てるという
わりと画期的な番組です。

特に今回のゲストはスペシャルでした。

●まず、日本では「白い巨塔」のテーマソングを歌う歌手として
 有名になったヘイリー。

●私が昔から愛してやまないチェリストの溝口肇さん。

●大阪が誇る喜劇役者の島田珠代さん(音楽番組に不思議でしょ?)

番組のプログラムも素晴らしかったです。

まず関西フィルハーモニーによるこの番組のオープニング曲
「夢ファンタジー序曲」の演奏で幕が開きました。

◆司会の二人が出てきて早速ヘイリーが一曲。
「ポカレカレアナ」というニュージーランドの民謡で
ニュージーランドの第二の国家といわれるほど
国民に愛されてる曲だそうです。

ああ、いきなり、美しい美声にノックアウトされてしまいましたわ。

◆次はアマチュアの女性のオーボエ奏者が登場
彼女は中学、高校と吹奏楽部でオーボエを演奏していましたが
現在は、楽器の修理工として一人前になるべく勉強している方で
仕事が忙しくて、なかなかオーボエがふけない、でも
やっぱり!オーボエが吹きたい!ということで今回応募されたようです。

今日は「風笛」これは有名なオーボエ奏者である宮本文昭氏の代表作。

アマチュアの彼女は、関西フィルハーモニーをバックに堂々と
「風笛」を吹ききりました。

彼女の感想は・・・・「すごく気持ちよかった!」そりゃそうでしょう!
そう簡単にはプロのオーケストラとジョイントできることはないですから。
一生の思い出になると思います。
聞いてるこちらまで、彼女の感動が伝わってきました。

またこの「風笛」いう曲が美しく切ないメロディなのよん。

◆次はなぜか吉本の「島田珠代」がベートーベンの「田園」を指揮するというので
ほんまかいなと思いながらみてると、案の定、いろんなしかけがあって、
指揮を初めて、珠代がへんな踊りで下に下りてくると一部のフレーズが
何回も繰り返されるようになっていたり、
今度は本気でやるのかとおもったら、何かトランペットがへんな音だしたり、
すごかったのは、関西フィルハーモニーのコンサートマスターと、」
例のまたくぐりのギャグをお披露目しちゃって(しかもコンサートマスターは外国人)
でも、さすが関西みんな乗りが良くてちゃんと珠代ちゃんとギャグをやってくれて、
会場は大笑い。そして最後はやはり吉本新喜劇のテーマソングで終わりました。

そこに司会者登場、笑いながら何やってるんですか「田園」じゃないですか
といってる間に、ステージのはじになぜか壁が・・・・
今回、「田園」をちゃんと演奏しなかったということで壁にば~ん。
これぞ、珠代ちゃんの真骨頂。なかなか会場から笑いがひきませんでした。

しかし、島田珠代のオーラの強さにはびっくりしました。
たぶんあの会場で一番光ってたと思います。
さすが、喜劇のプロ根性。こんなセレブな場においても
ひけをとらない光りっぷりには正直驚きました。

◆そして次がいよいよ私の大好きな溝口肇さんによるチェロ演奏です。

笑いであたたまった会場で、次に演奏するのはつらかったと思う。
がんばったよ。溝口君。

今回は自分の曲をオーケストラ用にアレンジして
関西フィルをバックに演奏しました。

曲は「Seasons Greetings」・・・・・チェロの厚みのある音が美しくホールに響き渡りました。

私は、もう始まってからずっと涙目・・・・・

次はヘイリーと溝口肇と関西フィルとのコラボ。

曲はおなじみ「アメイィング・グレイス」

これは!これは!これは!

もはや、異次元に入ったような美しさでした。

ヘイリーの透き通った歌声にチェロのしぶい音でハーモニーをつける。
それをオーケストラが包み込むように、じゃましないようにと。。。。。

ぽろっと泣いしまいました。

◆次はヘイリー溝口肇さんとオーケストラで
ウエストサイドストーリーのメドレーも、他ではみられない
絶妙のコンビネーションで楽しみました。

私は、もう始まってからずっと涙目・・・・・


◆次はまたまたアマチュアのオカリナの演奏でした。
この方は、小学校の教頭先生なんですが、オカリナを作る達人で
しかも、卒業する生徒全員に手作りのオカリナをプレゼントされるようです。
「てづくりのオカリナがひとつひとつ違うように、君達もみんな同じでなくていいんだよ」
というメッセージがこめられているそうです。

この方は、チャップリンの映画「ライムライト」からエターナリーを
オーケストラをバックに演奏されました。
この曲は切ない曲ですが、
オカリナでそのメロディをせつせつと吹ききられておられました。
オカリナの音も少し高音でやさしい音がしました。

不条理な世の中でこんな先生もいらっしゃるんだなあと、
こんな先生ばかりだと社会ももっとよくなるんじゃないかと思いました。

◆そしてラストはこの番組はいつもこの曲で〆るのですが
 出演者全員によるエルガーの「威風堂々」を演奏して全プログラムは終了しました。

さて。おわりかと思ったとことろ。「さんてんちぇっく」というものがあるので
もうすこし、いてくださいとのこと。
要は、今、録画したものがちゃんと録画できてるか確認作業をされているのですな。
しっぱいしてたら、最初から撮りなおしかも・・・・なんて本当なのかどうかわかりませんがしばらくして、オッケーが出たみたいで、そこでようやくお開きとなりました。


最近、いろいろと心がかさかさ乾いておりましたが
今日のコンサートを聞かせていただいて
心に潤いが帰ってきたような気がします。

やはり美しいものは、心のにごった部分を追い出して
心の中を美しく彩ってくれるようです。

本物が放つ美しさは、人の心を浄化する力をもっていると思いました。

ありがとう。今日のコンサートへ導いてくださったすべてに感謝します。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://win1999.blog100.fc2.com/tb.php/218-a2e9b3d4

 | HOME | 

プロフィール

めるもっち

Author:めるもっち
めるもっちの世界へようこそ。
山あり谷ありの人生ですが、楽しく生きようをテーマに毎日がんばっています。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

フリーエリア

ページランク

フリーエリア

リンク

yahoo

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。